女性の感度アップさせる挿入ピストンテクニック!

女性の感度アップさせる挿入ピストンテクニック!

こんにちは、石井です。

今回は『女性の感度アップさせる挿入ピストンテクニック!』について、刺激LIFEの田中景子さんのYoutube動画を紹介します。

動画で解説されている重要な部分は下記に文章にまとめたので、繰り返しチェックしてテクニックをマスターしてみてください。

※↑ あまりにも過激だったためYouTube側に削除されてしまったようです ↑※

今回、あなたにお伝えしたいのは、スローピストンでオキシトシンをドバドバ出して女性を快感に導く方法です。

あなたはオキシトシンってご存知ですか?

何度か動画でも紹介していると思うんですけど、別名、愛情ホルモンと言いまして、セックスでオーガズムを感じたり、肌のふれあいを増やすことで増えるといったホルモンなんですね。

このホルモンが増えるほど、女性は多幸感を覚えますので、あなたとのセックスで深〜い満足感を抱けるんです。

このオキシトシンを分泌させる方法の1つにスローピストンがあります。

ゆっくりとピストンする方法ですね。あなたは、挿入後は激しくピストンしなきゃ!なんて思ってしまうかもしれませんが、これは本当に大きな誤解なんですよ。

これは間違です。覚えてくださいね。

挿入後は、まずは入れるだけで良いんです。ただ、入れるだけの状態が続くと、人っていうのはムズムズして動かしたくなってくるもんなんですよ。そうなった時には初めて、腰を動かせば良いんです。

それもスローに、ゆっくりと。

まず挿入後は入れるだけ。で、ムズムズしてきたよ、じゃあ腰を動かしましょう。

でも忘れないでね、ゆっくりと動かすんだよ。それも、浅めに亀頭だけ入れる感じ。それも丁寧にね。

はい、どんどん奥まで目指そうよ。奥まで入ってきたよ。

奥まで入ったら、おお良い音、小刻みに、プルプルプル、小刻みに、ちょっと動かす程度、左右に。時々でいいよ、小刻みに時々、プルプル。イキそうになったらどうすればいいの? その時は、ストップ。Just stop!

こんな感じです。

これで、女性の脳内や子宮からは、このスローピストンの方法を行うことによって、ドバドバとオキシトシンが溢れ出てきます。

30分位を目安に、スローピストンを頑張りましょう。
そうすれば、30分後の女性はどうなっていると思いますか?

オキシトシンがドバドバと流出。

つまりは、あなたへの愛情ホルモンがドバドバと脳内に流出しているわけですから、もちろんあなたへの愛もドバドバと深まっていくはずです。

スローピストン、楽しんで下さい。

こちらで田中景子さんが2時間28分の長編動画で指マンについて詳しく解説しています。