女性の感度を高めるために前戯でペロペロ舐めるべき4つのスポット

女性の感度を高めるために前戯でペロペロ舐めるべき4つのスポット

こんにちは、石井です。

今回は『女性の感度を高めるために前戯でペロペロ舐めるべき4つのスポット』について、刺激LIFEの田中景子さんのYoutube動画を紹介します。

動画で解説されている重要な部分は下記に文章にまとめたので、繰り返しチェックしてテクニックをマスターしてみてください。

※↑ あまりにも過激だったためYouTube側に削除されてしまったようです ↑※

今回は、超気持ちいい男性が前戯で舐めるべき4つのポイントについてお話したいと思います。

あなたが舌を使って、女性の性感を徐々に刺激していくのは、前戯としてとても効果的です。

女性が舐められて感じる場所って多いんですが、舐められると恥ずかしい…、という理由で、なかなか舐めさせてくれない場所があります。

例えば、クンニ。

足をカパッとM字型にして舐めるのが好き!視覚的にも興奮する!って言う男性もいますけど、そうされると、自分の性器が丸見えになるので、舐められるのが嫌だっていう女の子も多いんですね。

でも今回は、舐められると気持ち良いけど、舐めても女性からNG!って出ないような、そんな秘密のスポットを4つご紹介します。

スポット1:首筋

もうこれはメジャーですよね。既に攻めている方も多いかもしれません。

首筋でも特に感じるのが、鎖骨から顎の骨のラインと、鎖骨から耳の下のラインですね。

ここは全身から脳につながる神経が集中しているんです。なので、女性が感じやすい場所といえます。

このラインに沿って、ゆっくりと舐めあげていって下さい。

スポット2:ヒザ裏

ちょっと意外ですよね。
ここも女性が感じやすいスポットの1つ。

やり方としては、女性をうつ伏せに寝かせます。

舌先をヒザの裏に付けます。うつ伏せに寝ているので、あなたの舌先を女性のヒザの裏につける。

舌を固定したまま、円を描くように首を動かしながら、女性のヒザ裏を舐めましょう。こそばゆい感じがして、すぐ効きますよ。

スポット3:お尻

お尻といってもいきなりアナルを舐めるんじゃないですよ。

お尻そのものや、お尻の割れ目。

そのラインの、お肉がくっついているそのラインを舐めます。

なかなか感度も良好ですよ。

お尻の割れ目に沿って、上から下、下から上と、お尻の真ん中を一筆書きするように舐めてあげるのも効果的。

それによって女性は、あ、そのまま上に行って自分のアナルまで舐められちゃうんじゃないの、みたいな、こういったドキドキ感があるので余計に興奮するんですね。

スポット4:内もも

内ももは感じますよ。
女性器にかなり近い部分ですよね。すぐオマンコが近くにあります。

ここを舐めると、つまりはクンニへの期待感が高まる。想像してしまうんですね。

やり方としては、女性を仰向けにして、股を開かせる。M字開脚でもいいです。

そして、女性の太もものつけ根にあなたの舌を這わせます。付け根から足のヒザまで、ゆっくりと舌をこう、移動させていって下さい。

ヒザ裏まで舌を動かしたら、付け根部分に戻って足を全体的に愛撫する。この方法が効果的です。

* * *

いかがでしたでしょうか?

女性器を攻める前に舐めると効果的な4つのスポットでした。

スポットを意識しておけば、前戯の前半戦で、女性を十分に堪能させて『あぁ気持ちいい…』とトロトロの気分にさせることが出来ます。

こちらで田中景子さんが2時間28分の長編動画で指マンについて詳しく解説しています。