挿入前の一工夫でマンコからビチョビチョに濡らす素股愛撫!

挿入前の一工夫でマンコからビチョビチョに濡らす素股愛撫!

こんにちは、石井です。

今回は『挿入前の一工夫でマンコからビチョビチョに濡らす素股愛撫!』について、刺激LIFEの田中景子さんのYoutube動画を紹介します。

動画で解説されている重要な部分は下記に文章にまとめたので、繰り返しチェックしてテクニックをマスターしてみてください。

※↑ あまりにも過激だったためYouTube側に削除されてしまったようです ↑※

今回は挿入前の一工夫でマンコからビチョビチョに濡らす素股愛撫についてお話したいと思います。

挿入時のペニスと膣による密着感は最高ですよね、1つになる密着感は最高です。

で、ペニスを出し入れするときの、膣内でクチュクチュという音の鳴る、愛液の音、たまりませんよね。女性も男性も、そういった愛のBGMは大好きなはずです。

でも、挿入しなくても、実は膣とペニスの密着感をもっと高めて愛液を出す方法があります。

そうすることで、実際に挿入した後の密着感もさらに上がります。

どんな方法か?それがズバリ、『マンズリ』『チンズリ』です。

挿入前にこれをやることで、ペニスと膣の密着感が高まって、実際に挿入したときも気持ちよさが倍増してくれます。

では、やり方の解説です。

まずあなたが、仰向けに寝ます。

女性はその上にまたがり、小陰唇の間にペニスを挟みます。

そして、あなたの両手で女性の腰を、あなたは下から、女性の腰をしっかりつかんで、腰を前後に動かしてあげます。

そうすると、ビラビラ部分がめくれ上がるくらいに動きますよね。小陰唇にペニスを挟んでいますから。

視覚的にこれはすごいエロいですし、女性も興奮します。

ペニスに小陰唇が擦れて気持ち良いので愛液もどんどん出てきます。

あなたの亀頭、そしてペニスの裏スジで、たっぷりと小陰唇をぐりぐりと刺激してあげると、膣がなぞられて、摩擦が良い焦らし効果となり、女性はどんどん、ペニス欲しさに欲情していきます。

それによって愛液も増えるといった相乗効果なわけです。
挿入前に『チンズリ』、『マンズリ』しましょうね。

以上が陰部の密着率をアップさせて愛液をドロドロ出す方法です。

次回のセックスでぜひ試してみてください。

こちらで田中景子さんが2時間28分の長編動画で指マンについて詳しく解説しています。